So-net無料ブログ作成

ワキガ対策 食事や食生活にも気を付けよう [ワキガ対策]

最近、日本人も体臭が強くなってきていると言われています。

もともと日本人は、欧米人に比べて、体臭はあまり強くない傾向にありました。

その原因として最も考えられているのが食生活です。

食生活が欧米化してきて、肉類や乳製品などを摂りすぎているからだと言われています。

そもそもワキガ体質の比率も欧米に比べて日本人は低いですがこの食生活の欧米化で、その比率も上昇してきています。


ワキガを強くしてしまう食べ物

ワキガのニオイの原因は、アポクリン腺から分泌される汗が皮膚や衣服に付着した雑菌によって分解されることによるものです。

この汗にはタンパク質・脂質・アンモニア成分などが含まれているため雑菌に分解されたり、酸化したりすると独特のにおいを発生させます。

肉類や乳製品などの動物性タンパク質や脂質を多く摂ると、アポクリン腺の働きが活発になります。

その結果、ワキガのにおいが強くなると言われています。

またこれらの食べ物は消化に時間がかかることもワキガを強くする原因になっているようです。
なぜなら食べ物は腸内に長くとどまっているほど、発酵されて腐敗臭を発するようになるからです。

その他にも、ニラニンニクなどの臭いの強い食べ物やアルコールタバココーヒーなどの刺激物もわきがを強くするので、摂り過ぎないように注意しましょう。


ではどのような食べ物がいいのか?

それは日本人が昔から食べているもの、昔ながらの食生活がいいとされています。

野菜や殻類を中心とした和食を食べることが望ましいでしょう。
また野菜にも様々なものがありますが、中でもビタミンA、C、Eを多く含むものを積極的に摂るようにしましょう。

これらの野菜には抗酸化作用があり、体臭を強くする原因の活性酸素を除去してくれる働きがあります。

ビタミンAは緑黄色野菜に、ビタミンCはピーマン菜の花、ブロッコリーなどに、ビタミンEはモロヘイヤ、しそ、パセリなどに多く含まれています。

また超の働きを良くしてくれる食物繊維も積極的に摂りましょう。乾燥ひじきや高野豆腐、切り干し大根などの乾物なら、効率よく食物繊維を摂取できます。

それにより体内にたまった老廃物を少しでも排出することにより体臭を抑える効果が望めます。


しかしなかなか野菜をしっかり摂ることが重要なのはわかっていても難しいことだと思います。

そんな時は、サプリや健康食品から摂取することも併せて検討していきましょう。

まとめ

肉類や乳製品などの動物性タンパク質の摂取は控える。

ビタミンA、C、Eを多く含むものを積極的に摂る

野菜や殻類を中心とした和食を食べる

足りない分はサプリや健康食品から摂取する




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ワキガ(腋臭症)の原因とは?対策は何がいい? All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。